丹後ゴージャスとその職人【楠泰彦氏】

丹後=ちりめん=和服という今までの既成概念は、近年、次世代を担う若手達によって取り払われ、現在ではメイドイン日本・丹後の前衛的な土地としてその名を世界に馳せています。丹後の次世代を担う一人として、楠泰彦氏が2010年クスカブランドを立ち上げ、メイドイン丹後としての発信力にますます加速がつきました。

楠氏は100年近くの歴史を持つ老舗織物工場家業を引き継ぎ、「昔の織り技法で今のライフスタイル」を コンセプトに、”伝統・ファッション・芸術”の3つを融合させたコレクションを展開。手織りによるオールハンドメイドこだわったモノ作りをしています。

すべてを手作業で行うのは手間ひまがかかるものですが、その分完成度には大きな違いがあり、シルク同士の摩擦の少ない立体的なものとなります。フランスのジャガード織りや西陣織も共通した技法です。

生地の織り込みから縫製までを全て職人たちが手作業で行うその徹底したこだわりが支持され、今では都心の有名セレクトショップにもクスカブランドが並びます。海外の若手デザイナーとのコラボレーションも積極的に行っております。

                         

クスカ-ネクタイ