丹後ゴージャスとその職人【一色直樹氏】

280年余りその技術を伝承されてきた丹後ちりめん。
一色テキスタイルの当代・一色直樹氏は、伝統的な丹後ちりめんの生地に現代のエッセンスを加え、若い世代にもちりめんの魅力を積極的に伝えています。

日本古来の伝統文様を、若々しくみずみずしい感性で解釈し、華やかなテキスタイルに仕上げる。
そのテキスタイルを用い自由な発想により生まれてくる小物は、今の暮らしに気軽に取り入れやすいものです。

また絹素材だけでなく、日常用として扱いやすいポリエステルなどの新素材にも取り組むその姿勢は、常に今の感覚が生きており、手に届きやすい丹後ちりめんとしての魅力を存分に発信しています。


1