越智和子プロフィール

1993年 O・T・C<着楽な関係>インテリアプロデュース(近畿通産局) 財団法人 大阪デザインセンター グッドデザイン審査員
1994年 O・T・C<自然回帰>インテリアプロデュース(近畿通産局) 楽居布展(神戸住吉倶楽部)
1995年 O・T・C<生活 活性素>インテリアプロデュース(近畿通産局) 伊丹市立工芸センターグループ展、東京デザインセンター個展 千里阪急、神戸住吉倶楽部、松山リブアートギャラリーにおいて楽居布展を展開 以後、毎年「楽居布展」を展開
1996年 梅田阪急1階メインステージにて「楽居布」展 以後毎年開催
1998年 大阪デザインセンター振興プラザにて女性5人展
1999年 神戸トーアロードリビングスギャラリー「柿渋染」展
2000年 >銀座三越リミックスに「楽居布」コーナー新設される。
2001年 財団法人国際デザイン交流協会「国際デザインコンペティション」ワーキング委員 中国雲南省、湖南省に麻のルーツを訪ねる 日本橋三越本店楽居布展 以後毎年 大阪高島屋「楽居布展」以後毎年 大阪デザインセンター振興プラザにて女性2人展 「風を感じる布」楽居布展全国にて展開(札幌、仙台、東京、大阪、松山、徳山、)
2004年 楽居布(ブランド)10周年記念展を東京、大阪、その他各地開催
2005年 茶屋町画廊にて「JAPAN BLUE楽居布の素」展 近江の麻と徳島藍染のコラボレーションによる一つの試み 国際デザイン交流協会、デザインコンソーシアムにて「ていねいな暮らし」を発表 繊研新聞に楽居布紹介される
2006年 JEtrO(日本貿易振興機構)より「ミラノプログラム」(於イタリア) テキスタイルデザイナーとして派遣される
2007年 ジャパンブランド、丹後テキスタイル展(於パリ) テーマ「自然の力」アートディレクターとして参加(京都府商工連合会) HIKOSEN STYLE SHOPに「楽居布」常設される (大阪市京町掘) 日本の伝統 美と技のコラボレーション「近江の麻と丹後シルク展」プロデユース 於 ギャラリー リブアート(松山)
2008年 ジャパンブランド、丹後テキスタイル展(於パリ) アートディレクターとして参加(京都府商工連合会)
2009年 丹後シルク展(於パリ) アートディレクターとして参加(京都府商工連合会)
2011年 沖縄県「工芸二次加工技術高度化促進事業」の指導に関わる
2012年 東京インタナショナル ギフトショー「沖縄工芸二次加工製品展」アドバイザー&コーディネイター 11月より うめだ阪急百貨店7階 「楽居布」常設になる
2013年 世界のTANGO TEXTILE展プロデュース(大阪うめだ阪急本店)
2014年 JAPAN BLUE 琉球藍と阿波藍染展(大阪うめだ阪急本店)
 2015年

 沖縄県コンテンツ事業ドレスショープロデュース(沖縄県立美術館) 丹後交流会(エスモードジャポン学生+チーム丹後+京都市民大学院+リブアート)

財団法人 大阪デザインセンターグッドデザイン審査員(1993ー2003)
社団法人 総合デザイナー協会
協同組合 ジャアパンデザインプロデューサーズユニオン