楽居布の迎春

「温故知新」古きを大切にし、新しいことをたのしむ。
いつも私たちは古来の智慧を拝借し、それを今の暮らしに見合うように変化させています。
12月中旬に「正月事始め」を迎えると人々は一気に迎春の準備に入ります。
一年間の厄を払うという意味でも重要な、煤払いの行事も寺院で行われるものこの頃です。

楽居布が提案する「迎春スタイル」はまさに温故知新。
脈々と受け継がれてきた伝統を、今の暮らしに見合うようにコーディネイトする楽しさをお伝えします。